ブルートーザーやダンプのミニカーをプレゼントする

小学校の頃には、男の子達と遊ぶヤンチャな私でした。

彼等は、いつもミニカーの話で盛り上がります。

私も負けじとミニカーのウンチクを言っては、みんなを驚かせていました。

女の子がサクサクとミニカーのウンチクを言うと、男の子達は一目おくのです。

ヤンチャな男の子達も羨望の眼差しで私を見るのですから、とっても鼻高々になります。

いつも彼等の先頭に立ち、みんなを誘導していました。

そんな男の子の中でも、とにかくミニカー好きな男の子は、何と、300台ものミニカーを持っていました。

小学生でこんなに多くの種類を持っているなんて、本当に驚いたものでした。

親から貰ったというものが多く、「この子の親はかなりお金を使っているんだな」と思っては、その親にも会ってみたいなと思いました。

食べることも忘れては、そんな男の子とミニカー対談をしました。

何とも、まるで朝まで生テレビ的な白熱のある対談を楽しみました。

大人になって、昔大好きだったブルトーザーやダンプのミニカーが素敵で、それを買っては知人の子供にプレゼントしました。
知人の子供は男の子だったのですが、とても車好きな子で「ミニカーが欲しい、ミニカーが欲しい」と言います。さすがに本物の車を買ってはプレゼントすることができません。ですからそんな子にだったら何かプレゼントがしたいなと思い、私の大好きなミニカーを考えました。
綺麗に梱包したプレゼントをその知人の男の子にプレゼントしたら、その子はとても喜んでいました。箱の開けたら中からダンプやブルトーザーが出てきのを見た時にはその子はとても笑顔で喜んでくれたのがとっても嬉しいかったです。

このプレゼントの箱を開ける様子を動画を撮ってあげました。

私はその男の子がとてもプレゼントを持っては走り回り、テーブルの上で楽しそうでその顔を見ているだけで楽しめるのです。また、男の子と一緒にその動画を見ては二人で楽しみます。そして、その車のウンチクをその男の子に得意げに話して聞かせてあげるとなんだか懐かしい気持ちになりました。

ブルトーザーやダンプがミニカーを箱から出した途端、私に抱きついては喜んでいました。

抱きついた私にそのダンプやブルトーザーというミニカーを見せる顔を写真に撮り、それを拡大してはその写真を掛け軸を壁を飾ると部屋がパッと楽しくなりました。

その知人の子供に会う度にミニカーをあげるのが私の楽しみになりました。

そんなミニカーを今でも大事にしている知人の男の子も20歳になりました。

<特別サポート>生命保険の選び方|内職ランキング|クレジットカードリンク集|お家の見直ししま専科|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|家計見直しクラブ|貯蓄|ページランク ランキング|アフィリエイト相互リンク|GetMoney|スマホアフィリエイト|ページランク|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|FXシストレ|スマホチャットレディ|